codeの美少女ゲームな日々。

美少女ゲーム(PC、移植版)に関する覚え書き。主にプレイ感想など。

『銀色 完全版』 振り返り(超うろ覚え)

こんばんは、codeです。

だいぶお久しぶりになってしまいました……。

今回はかなり前にクリアしたのでうろ覚えではありますが、『銀色 完全版』のレビューをさくっとさせて頂きます。

この作品はね、ねーちんのインパクトが強すぎるんですよね。

というわけで、以下ネタバレを含みますのでご注意くださいませ。


銀色 完全版 オープニングムービー

 

はい、OPの雰囲気からして暗いですね!(褒めてる)

でも怖いゲームではないです。ある意味怖いところはあるけれど。

鬱ゲー兼泣きゲーというありがちなアレです。大好きですねこういうの。

いや、できれば泣きだけでいいんですけども(笑)

 


~1章~

廓から逃げ出したヒロインと夜盗をしたり色々荒んでいる主人公のお話。

一人ぼっちの人間が二人ぼっちになり、苦しい中でもお互いを思い合う王道的なお話ですが、二人の心の変化や生きることに対する思いを通して、陰の世界で生きている人間にも目を向けさせてくれるお話だったと思います。

「生きた証を残したい」。これはきっと誰もが心の底では思っていることなのではないかな。

自分に名前があって、誰かに呼んでもらえること。それがどれだけ幸せかということについても考えさせられました。それだけでも、自分という存在を認められていることになるのですから。

 

~2章~

地方領主の息子の主人公と、神社の巫女のヒロインのお話。

狭霧ちゃん、あなた良い子すぎるんだよ…!

ヒロインの中では一番幸せになって欲しかったかも。自分の恋愛よりも「みんなを守ること」が願いだったなんて…。

どうしてあんなに笑顔で身を差し出せるの?どうして…(;д;)

でも、「たまにでも思い出して下さい」ってことは、主人公の心に自分の存在が残ることが願いだったとも考えられるな…。

 

~3章~

はい!大好きなお話です!

元祖ヤンデレこと佐々井夕奈様のご登場であります。

あ、洋食屋を営んでいる姉妹(ヒロイン)と客の主人公のお話です。

私はヤンデレキャラが好きなのでヘラヘラしながら読んでいましたが、無理な人にとっては相当きついお話かも。きっと怖いと思う。

夕奈ねーちんの罵り文句は過激すぎてもはや痛快なレベルです。理不尽すぎて逆に笑えてくることも。怪我は気合で治るものじゃないでしょうwww

というか朝奈ちゃん被害者面してるけどあなたがそもそも悪いじゃん。努力の方向性がおかしいんだよ…いや一番悪いのは主人公なんだけれども。

School Daysの世界と言葉様に通じるものを感じました。

ねーちんの最期のセリフには泣いた…。本当はとてもとても優しくて妹思いなお姉さんなんです。

もしねーちんに興味がございましたらこちらをどうぞ。

 

~4章~

現代と過去を行ったり来たりなお話。無印はこれが最終章なんですかね。

銀糸って何?というところのお話ですね。

…いや、本当ごめんなさい。3章のインパクトが強すぎてあまり内容を覚えていない…。

時間があれば読みなおします。

 

~5章~

1章の名無しちゃんに関するお話とか。あの子は謎に包まれていたので、ここで複線の回収をするのか、ふむふむ…と思いました。

しかしホントに救いがない。1章も鬱だけど、5章もかなりのもの。

ただ、その分泣けるポイントも多いです。今までのヒロインたちの言葉が聞こえる場面とか、ティッシュの消費量が(T_T)

銀糸が消えて幸せになったヒロインたちの描写も…うっ…(;ω;)

最後の最後に救いがあって良かった…。

 

はい、常に重い話ではあるのですが、ただの鬱ゲーではないです。

オマケもあるしね。ねこねこ名物。

あとBGMも雰囲気にピッタリなんです。オルゴールの曲いいですよね。

 

では最後に、

この裏切り者っ!

 

それでは。